綾瀬はるか 1ヶ月で7kgのダイエットに成功した方法

綾瀬はるか

美肌女優の代表として人気の綾瀬はるかさん。

肌が綺麗で、とてもスタイルの良い綾瀬さんですが、デビュー当時は、激太りで引退の危機があったというから驚きです。

綾瀬はるかさんは、広島のご出身なのですが、芸能界入りするために、16歳の時、東京に上京することになりました。

綾瀬さんは、慣れない一人暮らしと寂しさから、過食症となり、半年で7kgもの激太りをしてしまったそうです。

そこで本日は、そんな綾瀬はるかさんは、「7kgのダイエットが出来なければ引退」という番組に出演し、見事ダイエットに成功した方法をご紹介させて頂きます。

綾瀬はるかのダイエット法

その1:1日に3リットルの水を飲む

ダイエット中の綾瀬はるかさんは、1日に3リットルのに水を飲むようにしていたそうです。

水を飲むと、基礎代謝が高まり、ダイエット効果を高めることが出来ます。

美容のためにも、水をたくさんの飲むほうがいいというのが一般的で、女優さんやモデルさんも、水をたくさん飲むようにしている方が多いです。

冷たい水を飲み過ぎると、体を冷やしてしまうため、水をたくさん飲むためには、常温の水を飲むようにします。

水は、いっぺんに飲むのではなく、少ない量をこまめに飲むようにするのがポイントです。

水を飲む事によるダイエット効果は非常に高く、綾瀬はるかさんは今でもドラマの撮影などで急激なダイエットが必要な場合は、水をたくさん飲むようにしているといいます。

ミネラルウォーターなど、ミネラルの含まれている水のほうが、ダイエット効果も高いようです。

その2:摂取カロリーを1000~800キロカロリーに落とす

ダイエット中の綾瀬はるかさんは、摂取カロリーを1000~800キロカロリーに落としていたそうです。

一般的な成人の摂取カロリーが1800~2200キロカロリーだと言われていますので、食べる量をほぼ半分に減らしたということですね。

ダイエットというのは、消費カロリーが摂取カロリーを上回っていれば、痩せていくというとてもシンプルな仕組みです。

成人が普通に暮らしていて1日に消費するカロリーが約1400キロといわれていますので、摂取カロリーを1000~800キロカロリーに減らせば、体重は自然と減っていくというわけですね。

当時の綾瀬はるかさんの食事内容は、こんにゃくや野菜などを中心の食事をされていました。

元々太りやすい体質の綾瀬さんは、食事内容を変えても、なかなか痩せずに苦労されたそうです。

最近のダイエット法では、カロリーを制限するよりも、糖質をカットするダイエット方法の方が、ダイエット効果が高いようです。

その3:週に2~3回は運動を行う

ダイエット中の綾瀬はるかさんは、週に2~3回程度は、運動をするようにしていたそうです。

運動による1日の消費カロリーの目標を900キロカロリーに設定し、90分間の水泳とランニング、ジムでの筋肉トレーニングを行っていたといいます。

筋肉をつけることで、体の消費カロリーが高まり、ダイエット効果を高めることが出来ます。

その4:ダイエット仲間と励まし合う

ダイエット中の綾瀬はるかさんは、ダイエットの辛さを、ダイエット仲間と励まし合っていたそうです。

なかなかダイエットの目に見える成果が現れてこないと、「本当に痩せるんだろうか?」と不安になって来てしまうものです。

そんな時に、一緒にダイエットに取り組み、苦労を共有し、励まし合える仲間がいるということは、とても頼もしいものです。

綾瀬さんも、ダイエット仲間とダイエットに成功したら、やりたい事などと語り合い、ダイエットに対するモチベーションを維持していたといいます。

その5:エステに通い痩せやすい体質に改善する

ダイエット中の綾瀬はるかさんは、エステに通い、マッサージをしてもらうなどして、痩せやすい体質への改善を行っていたそうです。

このエステに関しては、テレビ番組のダイエット企画であったため、お店の広告として行っていたものですので、やってもやらなくても、効果にはあまり関係ないと思います。

あくまでもダイエットに大切なのは、消費カロリーを摂取カロリーよりも高くするという事です。

最後に

本日は、綾瀬はるかさんが7kgのダイエットに成功した方法をご紹介させて頂きました。

この方法は、番組の企画ということもあり、短期間で一気に痩せようと言う方法ですね。

食事量をかなり減らす方法ですので、私たちがこの方法を実践する場合は、食べる量をもう少し増やす方がいいでしょう。

ダイエットはあまり無理をしない方がいいです。

ダイエットをするためには、継続することが大切になるため、無理をしてしまうと、嫌になって途中で辞めてしまう事に繋がってしまいます。

水を飲むという方法は取り組みやすいですので、まずはそこから始められてみてもよいのではないでしょうか。

 
 
 
 

コメントを残す

CAPTCHA