【悲報】食べないダイエット法が逆に太るという事実が判明…

食べないダイット太る

「食べる量を減らしているのになかなか痩せないなぁ…」

美味しいものを食べるのを我慢しているのに、
なかなか体重が減らないと思った事はありませんか?

もしあなたが、

・お腹に脂肪がつきやすくなった
・疲れやすくなった
・食べる量を減らしても痩せない

という悩みが1つでもあるのであれば、
食べることを我慢していることが、
ダイエット出来ない原因かもしれません。

食事制限ダイエットを行っている人の
81%もの人が、痩せられない、または、
リバウンドしているとい事が判明しています。

いったい、食事制限ダイエットの
どこに問題があるのでしょうか?

食事制限は痩せにくい身体を作る

食事制限ダイエットの最も大きな問題は、
栄養不足によって、代謝の低い身体になってしまう
ということです。

どういうことかというと、
食事制限をすると、脂肪が減るのではなく、
まず最初に筋肉が減ってしまうんです。

筋肉が減ってしまうと、
脂肪の燃えにくい代謝の低い身体になり、
更に痩せにくくなってしまいます。

また、食事制限により、栄養不足の状態が続くと
身体は生命の危機を感じて、
更に脂肪を燃やさないようになり、
痩せにくい身体になってしまうんです。

栄養不足になってしまうと、
脳の働きも悪くなり、生活に支障が出ますし、
肌荒れの原因や、張りのない
魅力のない身体になってしまいます。

また、栄養不足のままだと
常にイライラとした精神状態に
なってしまう可能性もあります。

そんな状態の女性は
男性にモテるはずもありません。

痩せにくい身体にならない方法 その1
カロリーカットの食材ばかりを食べない

ダイエットを行うために、
カロリーカットの食材ばかりを
食べているような方がいます。

カロリーカットの食材を食べると、
身体は食べ物が栄養が入って来たと判断し、
栄養を分解し、体内に栄養を吸収しようとします。

ところが、カロリーカットの食材ですので、
身体は栄養が足りないと認識し、
更に食べるように信号を出します。

その結果、食べても食べても
満腹感が得られず、その結果、
食べ過ぎてしまい、リバウンドしてしまう
といった結果になってしまいがちです。

ご飯や太るから食べない方がいいと言われますが、
脳の栄養のために、最低限の糖質は必要ですので、
炭水化物不足にならない程度にご飯も食べる必要があります。

玄米であれば、
栄養バランスもよく白米よりも太りにくいので、
ためしてみるのもいいでしょう。

痩せにくい身体にならない方法 その2
良質な油を摂取する

多くの女性が勘違いしている事に、
油はカロリーが多く、食べたら太るという
勘違いです。

ですが、カロリーの多い太りやすい油は、
牛や豚などの動物性の油の場合であって、
ごま油や亜麻仁油などの植物性油には
美容な健康に必要な栄養が豊富に含まれています。

ビタミンの中には、体内に油が無いと
効率的に吸収できないものも沢山あり、
良質な油の摂取は、美容や健康のためには必須です。

良質な油には、体内の老廃物を排出し
ダイエットをするには不要ではなく、
むしろ必要な栄養です。

加熱すると酸化してしまうため、
良質なごま油や亜麻仁油、魚の油、
ピーナッツの油などを、
生で摂取するのが効果的です。

痩せにくい身体にならない方法 その3
良質な肉を食べる

良質な肉には脂肪分が少なく
筋肉など、身体を作るための栄養が
豊富に含まれています。

ダイエットのために鶏のささみを
食べている人も多いのですが、
実は、牛の赤身には、脂肪を燃焼する働きのある、
L-カルニチンという成分が豊富に含まれています。

牛のヒレ肉を食べると、
おいしくて幸福感も得られますし、
ダイエット効果も得られると言われていますので、
安心して食べるといいですよ。

   
 

いいね!を押すと最新情報
がチェック出来ます

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください