子供を将来、東京大学に入れる方法!東大卒の脳科学者 中野信子

うちの子も出来れば将来、東京大学に入学させたい!

そんな野望を、あなたも抱いているかもしれませんね。

そもそもなぜ東京大学に入学させたいのか?

多くの親は、未だに東大ブランドの信奉者であり、東京大学に入学さえしておけば、将来は安泰であると考えているのかもしれませんね。

とはいえ、東京大学というのは、そこまでしてはいる必要がある大学なのでしょうか?

「将来何かを成し遂げる事が出来る脳」と、「いい大学の受験に合格できる脳」は、全く異なります。

大学受験というは、あくまでゲームのようなものです。

東京大学の受験であれば、ゲームでハイスコアを出せるようになるのと同様、練習すれば誰でも合格出来るものです。

必要な時間の長い短いは、個人差が多少あるにしろ、何年かかけて、東京大学に合格する方法を行い続けさえすれば、入学する事は誰でも可能であるものなのです。

ですが、若い有意義な時間を、そんな事に費やす事は、勿体無いとしかいいようがありません。

苦手な教科を好きにする方法とは?

全くおすすめはしませんが、条件反射で、子供が苦手な教科を、好きにする事は簡単です。

つまり、面白いと思わせる練習をすればよいのです。

受験はゲームと一緒

単純な話、子供が勉強でハイスコアを取ったら、褒める。

子供にとって、新しい事をする事は喜びの一つでもあるので、勉強を楽しくしていたら、ついでに東大に合格しちゃいました、というのが一番いいですよね。

東京大学に入る唯一のメリット

はっきり言ってしまうと、東京大学に入学するメリットは、官僚になること以外にありません。

女性が東京大学に入ってはならない理由

特に女性にとっては、東大に入学する事は、デメリットの方が大きいです。

なぜなら、女性は、非常に結婚がしにくくなるからです。

男性から面と向かって、

「頭がいい女って最悪だよな」

と言われたりする事も…

どうしても東京大学に入れないなら…

もしも、あなたの子供が男の子で、官僚になる事ぐらいしか脳が無いなと思うようであれば、若い頃全ての時間を受験勉強に費やし、東京大学に入れればよいと思います。

ですが、その先に待っている人生は、とてもつまらない人生である事は、覚悟しておいてください。

現実的な話、今の時代に東京大学に入りたいなどと言っているようでは、今の時代が全く見えていないと言わざるを得ません。

親としては、それ以外の選択肢を用意してあげる必要があると思いますね。

参考図書:あなたの脳のしつけ方  
 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントを残す