怒りの感情をコントロールする方法!怒りの感情が元に戻らない理由 中野信子 脳科学者

主婦の友達や夫に対してはそんな事は無いのに、例えば子供など一部の人に対しては、怒りの感情が抑えられないといった事はありませんか?

怒りたくないのに怒ってしまって、後になって、自己嫌悪に陥ってしまう…

一旦怒ってしまうと、なかなかその怒りの感情から、元の感情に戻る事が出来ない…

そんな経験はありませんか?

怒りの感情がなかなか元に戻らない理由

怒りの感情というのは、非常に激しい感情であり、元の感情に戻すことが難しいのは、その反応の大きさも影響しています。

怒るのは正常な反応

怒る事は悪い事であると捉えてしまいがちですが、人間にとって怒るという事は、ごく自然な反応です。

何をされても怒れないという状態の方が、むしろ不自然であると言えます。

怒りの反応は、人間の防衛反応として供わった、必要な感情なのです。

怒りの感情をコントロールするには?

怒りの感情が爆発している時、脳内はノルアドレナリンの量が増加している状態です。

ノルアドレナリンには、血糖値や血圧を上げたり、心拍数を上げるなどの働きがあります。

「怒ると頭に血が上る」と言われると思いますが、怒るとノルアドレナリンの働きで血圧が上がるため、顔が熱くなるなどの反応が起こります。

怒りの気持ちがなかなか元に戻らないのは、ノルアドレナリンの影響で身体自身が反応してしまっているので、その身体の反応が元に戻るのに、時間がかかっているのです。

頭に血が上った状態だと、相手からどんな謝罪の言葉を言われようが、冷静に反応する事は出来ません。

身体が正常に戻り、冷静になったときに、相手から改めて話を聞くようにするとよいでしょう。

この反応は、普通の人にとって、ごく当たり前の反応なのです。

子供に怒らないお母さんは逆に虐待!

子供にとっては、怒らないお母さんの方が、嬉しいのかもしれません。

ですが、子供が悪い事をしたにも拘わらず、怒らないお母さんは、逆に虐待であるといえます。

子供に対する興味がなく、育児放棄をしている危険性があります。

子供と母親の感情の交流があることは、子供の成長にとっても、必要な事なのです。

母親が子供に怒るという事は、子供と真剣に向き合っているという事に他なりません。

自分が怒り過ぎじゃないかと心配しているお母さんは、他の子供の母親が、怒っている所を見たことが無いだけです。

怒らない母親なんていませんよ。

子供に対する愛情があるのであれば、何も心配する必要はありません。

参考図書:あなたの脳のしつけ方  
 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で

コメントを残す