幸せホルモン オキシトシンの恐るべき正体!オキシトシンの作用と副作用!ベッキー大炎上の心理 中野信子 脳科学者

幸せホルモン オキシトシンの恐るべき正体!

オキシトシンは、人体で合成され分泌される、ホルモンで、愛情ホルモンや幸せホルモンなどと呼ばれ、人に幸福感を与える働きがあるといわれています。

その一方で、オキシトシンには、隠された恐るべき働きがある事をあなたはご存知でしょうか…

団体になると人間の行動は変化する

人間の行動は、一人でいる時と集団でいる時とでは、大きく異なります。

イジメは、誰もがしてはダメだと思うと思います。

ですが、集団の中でイジメられている人を見た際は、

「見なかった事にしよう」

であるとか、

「とりあえずみんなの意見に合わせておこう」

といった同調しようとする力が働きます。

人間関係を作るホルモンの正体

オキシトシンには、「人間関係を作る」という働きがあります。

集団に入った人間の行動に、変化が生じてしまうのは、オキシトシンの働きで、集団へ愛着が生まれるからだかと言われています。

集団に入ると、自分の行動が合理的かどうかよりも、集団にとって都合が良い行動を取ってしまいがちです。

このような行動は、向社会性と呼ばれています。

向社会性により高まる攻撃性

このオキシトシンによる向社会性により、人間の攻撃性は、高まる傾向にあります。

例えば、自分の大切な家族を、壊そうとする人物がいたら、自分の身を捨ててでも、排除しよう、攻撃しようという気持ちが高まりますよね。

こういった気持ちも、オキシトシンの働きによるものです。

オキシトシンが高く働いている状態だと、この気持ちは更に大きくなります。

集団に対する不当な攻撃性

オキシトシンが高く働いている状態で、自分の所属する集団が、相手の集団から不当に攻撃を受けたり、低く評価されるなどをすると、相手の集団に対する攻撃性が高まります。

この集団が、会社と会社のレベルであればまだしも、国と国のレベルになってしまうと、恐ろしい状況に陥ってしまう危険性があります。

戦争が起こる原因は愛情

自国に対する愛情が高ければ高いほど、他国を攻撃する事は正義であるという気持ちが高まります。

この気持ちが他国に向かってしまうと、戦争に発展する可能性が高まります。

この気持ちが内部に向かってしまうと大変です。

内部の裏切り者などに向かえば、その人が全てを失い、謝罪するまで、その攻撃は続きます。

ベッキーさんが異常なバッシングを受けた理由

異常なバッシングを受け炎上した、ベッキーさんも、ターゲットにされた一人ですね。

ベッキーさんの場合は、不倫が叩かれたというよりも、

自分はルールを逸脱していても許される

という態度に、みんなが反応し、社会を壊す人物であると判断し、過度な攻撃に発展したのです。

社会に対する愛情が強ければ強いほど、社会を壊そうとする人物への攻撃性は高まります。

メディアに露出し、日本社会の代表として見られていた人物により、社会が壊されのではという心配から、強力に排除する力が働いたと考えられます。

いい人であればあるほど恐ろしい

いい人であればあるほどオキシトシンが大量に分泌され、バッシングも強くなる傾向にあります。

みんなの仲が良くて、オキシトシンが高い状態の社会に、週刊文春のような記事をぶちまけると、社会は敏感に反応し、文春も良く売れるという皮肉な話です。

日本人のオキシトシンが高まった理由

日本は、3.11 東日本大震災に見舞われました。

日本全体に、被災者の為に

「何かをしなくては」

という気持ちが一気に高まりました。

こういった精神状態の時、オキシトシンは増加します。

日本国民全体のオキシトシンが高まり、社会への愛着が高まっている状態で、あのベッキーのゲス不倫報道ですから、強烈なバッシングに繋ったのも無理は無かったというわけですね。

参考図書:あなたの脳のしつけ方    
 

いいね!を押すと最新情報
がチェック出来ます

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください