恋愛や結婚が4年で終わる脳科学的理由を暴露!離婚は4年目が多い? 中野信子 脳科学者

人類学者のヘレン・フィッシャー博士は、恋は3年で終わり、愛も4年で終わると提唱されています。

では実際、脳科学的にはどうなのでしょうか?

恋が4年で終わる脳科学的理由

なぜ恋は3年~4年で終わってしまうと言われるのでしょうか?

その理由は、ドーパミンと関係があると言われています。

ドーパミンは、脳内の神経伝達物質で、やる気や快感、幸福感と関係のある物質です。

ドーパミンは、新しい刺激に対して分泌されます。

4年間もお付き合いをすると、新しい刺激が無くなるため、ドーパミンの分泌が無くなり、トキメキも無くなってしまうのです。

このドーパミンは早い人で9か月、長くても4年で分泌されなくなると言われています。

つまり、ドーパミン分泌の終了と共に、恋する気持ちも、無くなくなってしまうというわけです。

人間は新しい刺激を求める生き物

人間は、新規探索性を持っており、新しい刺激を求めたがる生き物です。

毎日同じ道を通っていると、なぜか気持ちが悪くて違う道を通ってみたり、行きつけの店はあるけど、なぜか行きたくなくて違い店に行ってみたり…

誰にでも経験がある事だと思います。

毎日の食事も、基本的にはご飯とみそ汁がよくても、たまにはパンとコーンスープが食べたくなったりしてしまうものですよね。

「3年目の浮気」

なんて言葉があるのも、このドーパミンの分泌と、関係があったというわけですね。

恋愛を4年以上長続きさせる秘訣

4年で恋が覚めるからと言って、みんながみんな別れたり、離婚するかと言ったら、そうではないですよね。

ではどうすれば、恋愛を長続きさせる事が出来るのでしょうか?

秘訣としては、やはり人間の新規探索性を満たすことが効果的でしょう。

常に新しい刺激があれば、ドーパミンが分泌され、恋する気持ちも刺激されるというわけです。

例えば、お互いが全く違う仕事や趣味をもつなど、新しい刺激が常にある状態を、意識的に作る努力も必要だと思います。

恋愛以外でのお互いの興味が尽きない状況を作る事が、恋愛を長続きさせる秘訣ではないでしょうか。

旦那が家に帰ってこないなど、会う時間を減らすという方法も、実は結婚を長続きさせる為には、理にかなっているのかもしれませんね。

結婚の長続きには

新規探索性

一度、意識してみてください。

参考図書:あなたの脳のしつけ方  
 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で

コメントを残す