脳の老化を予防する方法!新しい価値観を受け入れられない理由と解決法!中野信子 脳科学者

脳の老化を予防する方法

SNS?

インスタ映え?

ハンドスピナー?

竹内涼真?

今の若者にはついていけない…

もしそんな風に感じるようであれば、

脳は基本的に怠け者

脳はできるだけ使わないで済むようにコントロールされています。

脳は非常に消費するカロリーが高く、2kgにも満たない脳が、人体の1/4くらいのカロリーを使っています。

脳を使うためには、かなりのカロリーと酸素を必要とします。

そのため、脳をなるべく使わないようにしたいというのが、人体の本音なのです。

歳を取るとますます脳は怠け者に

人体としては、あまり脳を使って考えたくはありません。

その傾向は、歳を取れば取るほど、強くなります。

なるべく今まで知っている方法で、自動的に内容を処理できるならそうしたいと、人体は考えます。

歳を取れば取るほど、新しい問題や、新しい出来事が、起きて欲しくないと思うようになります。

その結果、新しい価値観がやってくると

「そんな方法を取り入れたって意味は無い」

などといった、言い訳をしてしまいがちなのです。

文字を批判したソクラテス

歴史を紐解くと、過去にも同じような出来事は繰り返されているものです。

文字というものが誕生した際、ソクラテスは

「言説を文字にすると人間は言葉を覚えていられなくなる」

として、言葉を文字化する事に反対しました。

書籍を、人間の記憶を阻害する悪だと批判したのです。

電卓が発売された際も、

「自分で計算しないとバカになる」

といった批判がありました。

人間は、新しい技術や物事を嫌うという性質を、昔から脈々と受け継いでいるのです。

若い脳の特徴

人工知能が発達すれば、

「人間の判断力が鈍る」

と、批判する人が現れる事でしょう。

ですが、それはそれとして、新しい事を楽しんで、取り込んで行くのが、若い脳の特徴なのです。

脳の手間暇を惜しむという現象が現れたら、脳が老化の第一歩を踏み出したと言えるかもしれません。

抵抗なく新しい事を受け入れる方法

新しい事を受け入れたくなかったとしても、新しい事を受け入れる必要がある場合もあります。

そんな場合は、新しいものや新しい価値観に、古いものとの類似性を見つけると、抵抗感を少なくする事が出来ます。

iPodを使いにくいと感じたのであれば、ウォークマンと一緒だと思ったりという方法ですね。

新しいものを受け入れるためには、古いものとの共通点を見つけて、受け入れてみてはいかがでしょうか。

参考図書:あなたの脳のしつけ方  
 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

このサイトが気に入ったら
いいね!してね!

Twitter で

コメントを残す