好きな相手に「YES」と言わせる驚きの方法!脳がボケないおすすめの方法!中野信子 脳科学者

脳がボケないおすすめの方法

認知症など頭がボケてしまい、家族に迷惑をかけてしまう事のは、本当に怖い事ですよね。

脳をボケさせない方法としていくつかおススメの方法があります。

その1:ヒノキの香り

一つ目として、ヒノキの香りを嗅ぐという方法がおすすめです。

ヒノキの香りの中には、神経新生という、脳の中で新しく神経細胞が生まれてくるという効果を促進する物質が含まれています。

最新の研究結果なので、あまりみんなに知られていない情報です。

勿論、これから検証する必要もあるのですが、ヒノキの香りの中に、αピネンという物質が含まれており、これが海馬に刺激を与え、神経新生を促すと言われています。

ヒノキ風呂に入ったり、森林浴に行ったり、ヒノキの香り加工のシャツなどを着てもいいのではないかと思います。

ヒノキチップのようなモノを、お部屋に置いておいてもよいかもしれませんね。

その2:毎日の軽い運動

ちょっと汗ばむくらいの軽い運動を、毎日行うという方法がおすすめです。

運動をしているグループとそうでないグループとでは、アルツハイマー型認知症にかかるリスクが違うという結果が出ています。

犬の散歩やウォーキングなどを行うだけでも効果があります。

歩くことは人間の基本的な動きですので、歩かなくなったら脳も「そろそろお役御免か」と勘違いしてしまうのではないでしょうか。

また、自分と違う人と話をする事も、脳にとってとても良い事です。

無理なく楽しくあなたの生活にも取り入れてみてください。

その3:触り心地のいいものを触る

ツルツルした触り心地のいいものに触った状態と、ザラザラした触り心地の悪いものに触った状態で、YESかNOを迫る質問をします。

そうすると、ツルツルした触り心地のいいものに触っている状態の方が、YESが返ってくる確率が高という結果になりました。

なぜこのような結果になるのかというと、ツルツルした気持ちのよいものを触っている方が、オキシトシンという物質が出やすいからだと言われています。

オキシトシンには、人と人との信頼関係をより強めるという働きがあります。

個人の脳の中では、認知機能を高めるという効果が働きます。

そのため、信頼感が高まると同時に、頭もよくなるという、頭が活性化した状態になるのです。

触り心地の良いものを、掌や顔など感覚が敏感な場所で触らせると、相手に「YES」を言わせやすくなるというわけです。

普段触るようなドアノブや文房具、食器や洋服などを、触り心地のよいもに変える事でも、認知機能を高める効果が得られます。

好きな相手にYESを貰う方法

もしも、好きな相手をデートに誘うとしたら、触り心地のよいテーブルクロスや椅子を使っているお店に誘う事で、YESが貰える確率がアップするのです。

スキンシップをよくとる人間同士には、オキシトシンが分泌され、絆が強まると言われています。

好きな相手とは、積極的にスキンシップを取るように努力する事が大切です。

普段よく使うものは、触り心地のよいもの選ぶ事がおすすめですよ。

参考図書:幸せをつかむ脳の使い方    
 

いいね!を押すと最新情報
がチェック出来ます

Twitter で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください