人間は脳の何%を使っているのか?いい加減に生きる事が大切な理由!利用されやすい人の特徴 中野信子 脳科学者

いい加減に生きる事が大切な理由

人間は脳の2~3割しか使っていなくて、残りの7割の脳は使っていないといった都市伝説があったりします。

脳は自分の持ち物であるにも関わらず、よくわからないという不思議なものです。

脳はどのくらい使われているのか?

脳の使用領域に関しては、人によって凄く意見が違っています。

「脳の全体がどの程度かも分かっていいないのに、2割、3割ってどうして言えるの?」

といった考え方もあります。

一方で、

シナプスといって、神経細胞同士の繋がりが、脳の機能を決めるのであると仮定した上で、

「そのシナプスが出来る可能性があるうちの、1割以下しか出来ていない」

「だからもっとパフォーマンスは上がるはず」

という人もいるのです。

人は脳をセーブしている

個人的には、人間は脳をセーブしながら生きているんだろうなと、思っています。

なぜかというと、フルパワーで生きてしまったら、凄く辛いと思うんですよ。

辛い出来事も全部覚えていて、忘れる事がもし出来なかったら。

生きていくうえで、どれが重要な情報なのかも分からないので、生きていくのが非常に難しくなります。

ええ加減がいい加減

大阪弁で言う所の、

「ええ加減に」

生きるという事は、人間にとって、非常に重要な事だと思います。

「忘れる力」

とか、

「考えない能力」

とか、

適当にという事は、何がそこで一番大事なのかという事を、瞬時に見抜くという事ですからね。

そのために、力をそこに集中出来る、そのための力という事になるので、実は、「いい加減」というのは、もの凄く大事な事なのです。

他人利用されやすい人の特徴

素直すぎる人、真面目すぎる人、責任感が強い人というのは、いいところでもあるのですが、それがマイナス面に作用してしまう事もあります。

人に凄く利用されてしまいがちだという事があります。

普通の人はやっぱり、素直すぎるような人であっても、

「ちょっとおかしいんじゃないか」

とどこかで感じる能力を、本当は持っていたりするものです。

「やっぱり、そんな都合のいい事はないよね」

というように、フィードバックする力があると思うんですよ。

その声に、本当は耳を傾けるべきなのです。

大きなパラダイムの中で、例えば

「この会社では、こういう文句は言ってはいけないよね」

というのは、あるかもしれないけれども、でもそれは、会社の中の個人としてはそうかもしれませんが、個人の生活の中に、会社員としての自分がいるという事も言えます。

会社員としての自分は、大事にしつつも、個人として、自分が本当にやりたかった事なども、ちゃんと大事にすべきなのです。

参考図書:幸せをつかむ脳の使い方  
 
 

コメントを残す

CAPTCHA