大人が自由で楽しく生きる秘訣!自由な人は羨ましい?中野信子 脳科学者

大人が自由で楽しく生きる秘訣

自由な人の脳って、一体どんな人の脳の事を言うのでしょうか?

まず、自由というのは、人によって、だいぶ意味合いが違っていますよね。

なので、自由な人というのを、まず、定義する必要があります。

まぁ社会通念とか同調圧力というものがありますけれども、こういうルールよりも、自分のルールの方が上だという人の事を、自由だと言う事が出来ると思うんですね。

2通りの自由な人

この自由な人というのには、2通りあるかなと思います。

1つ目の自由な人というのが、「自由でなくてはならない」「自由であることが自分のアイデンティティである」と思い込んでいるとか、そこに凄く、自由という概念に縛られている不自由な人、というのがいます。

もう1つがですね、自由でありたいとさえ思っていない、本当に天然な人、というか自由な人ですよね。

天然な自由な人の特徴

自由な人には2つ種類があると言ったんですけど、天然な人によるありがちなのが、自分で意思決定をする事を好む、という傾向が高いですよね。

自分の意思決定をする事を好むというのはどういう事かというと、意思決定をする場所は、脳の前頭前野にあります。

ここから、ドーパミンが出まして、気持ちよくなるという傾向があります。

自分での意思決定を嫌う日本人

ところがですね、日本人というのはですね、自分で意思決定をするとう事を楽しいと思う人は少ないんですね。

完全に、マイノリティーです。

自分で意思決定する事が楽しいと思う人は、3割もいないんですね。

27%くらいです。

7割の人は、自分で意思決定をするよりも、誰かに決めて貰って、その通りに生きた方が楽でしょ、という風に脳が感じる傾向があるんです。

ですので、これはどっちも善し悪しなんですけれども、自分で意思決定をしない人の方が、もしかしたら、日本の社会には、適応しているとも言えそうです。

よく、共同社会が中心の日本、などとも言われますからね。

日本人が嫌われる事を極端に恐れる理由

個を大切にするよりも、みんなで一緒に何かをやるという事をよしとする。

だから、嫌われたくないという気持ち強くなってしまう傾向にあります。

嫌われてしまうと、生きていきにくくなるとか、仕事を失ってしまったりという人も多いでしょうし、やっぱり、組織を大事にして個を殺す、という選択を取る人の方が、みんなに使えると思われやすいとか、そういった事もあるかもしれません。

ただ、最近の傾向として、グローバル化なんかがなされていてですね、自分で意思決定をする人が少しずつ増えて、そういう人が有利になる社会にも、なって来ているかな、という事も感じます。

自由なようで不自由な人

例えば、電車の中でパンを食べたと思った時に、天然で自由な人は、何も考えずに食べちゃいますよね。

でも、「みんなに迷惑がかかる」「他人から白い目で見られる」からといって、気持ちを抑える。

その抑える自分が嫌だから、やっぱりパンを食べちゃおうとか、色々な葛藤がありますね。

社会通念に抗おうとして、その通りに従うというのは、やっぱり、逆の意味で、不自由なんだと思いますよ。

「自由になりたいんだ!」「組織に縛れたくないんだ!」と戦っているような人ですね。

組織に抗うというやり方を好むという人も、中にはいるんですが、自分の葛藤を解消するために、社会通念と戦うというのは、実は、私は、あまり好ましくないんじゃないかと思います。

逆にストレスが溜まると思いますね。

やっぱり、その人にあった生き方というのは社会に従う事なんだとしたら、やっぱり、その通りに生きる事が、その人にとっては、究極的な自由なんじゃないかな、という風に思います。

自分で意思決定できる人になる方法

自分で意思決定を出来るようになりたいと思っている場合、どうすればよいのか…

なかなか、そういう風には出来ないけど、自分で意思決定する人なりたいなという人は、「自分がこの人は自由だな」とか、「こうなりたいと思える人」を誰かひとり探してですね、その人とお付き合いをして真似るとか、その人の言動をしっかり学んで、自分のものにしていく。

ミラーニューロンを使って、その人の回路を、自分にコピーするような気持で、その人と接していくというのがいいかもしれません。

それじゃあ、結局、その人に縛れて、自由とは言えないじゃないか、と思われる方もいるかもしれませんね。

確かに、最初は、コピーしている間は自由ではありませんね。

ですが、その人の回路をコピーし終わって、自分が自然に振舞えるようになったら、その時こそ、自由な意思決定が得られると思います。

最初の、自由になるための糸口を掴むために、誰かの真似をするという事が、1つの自由になる入り口になるというわけですね。

自由になりたい人は、あなたが自由だと思う人の真似をしてみるとよいでしょう。

参考図書:幸せをつかむ脳の使い方  
 
 

コメントを残す

CAPTCHA