こんな子育てが子供の人生を駄目にする!母親が知らない子供の正しいしつけ方!武田邦彦

人間が万物の霊長である理由

人間は大脳が支配する動物で、だからこそ万物の霊長と呼ばれまして、他の動物を圧倒的に支配しているわけですね。

体の大きさを見ても、筋肉の大きさ、牙などは、他の動物よりも立派ではないというよりかは、非弱でありと言ってもよいわけです。

それにも関わらず、人間がライオンだとかヒョウだとかといった強い動物の上に立っているのは、ひとえに人間の大脳の力というわけなんですね。

しかし、大脳の力が強いという事は、良い事ばかりではなく、都合の悪い事もあるわけです。

それの教育上の一番の問題をここでお話したいわけですけれども。

子供を駄目にする叱り方

よくお母さんがですね、子供に向かって

「あなた、グズね」

と叱っている場面を目にするんですね。

それ以外にも、子供に対して

「これ、ダメじゃないの」

という方向で言うわけです。

お母さんは元々心配性なものですからね。

どっちかといいますと、注意をするという事が多いんですね。

子供の正しい叱り方

だけれども、これは本当は、「グズね」とう悪い方向を言うのではなくて、

「あなたもっと素早く出来るようにならなきゃダメよ」

「そんなにグズだとみんなに負けてしまうわよ」

というフルセンテンスを言った方がいいんですね。

このフルセンテンスのうち、終わりだけを言うのがお母さんの特徴で、「なんだったら最初の方を言ったらどうなの?」というわけです。

子供というのは、分かっていないから分からないわけであって、分かっているけどそういう行動をしないという事は、あんまりないわけですね。

ですから、お母さんがそういう風に言うと、そういう風にしようと思っちゃうんです。

「あなたグズね」

というと、

「グズになったらいいんだな」

なんて思ってしまうんですね。

そんな事は無いだろう思ってしまうかもしれませんが。

言葉の表面しか理解できない

よく人の会話とかでですね、語尾とか、その人が本当に言おうとしている事が分かるのではなくて、その人の言った事を表面的に取ってしまうという事が、我々大人同士でもあるわけですから。

まして子供がですね、しかも、怒られたという感じもありますから。

ちゃんとフルセンテンスを理解する。

つまり、

「あなたグズね」

と言われてですね、これは、

「グズというのがいけないのであって、素早くしなければいけない」

と思うような子供であれば、最初から素早くしていると思うんですね。

「グズじゃダメよ」

ぐらいだったらまだいいんですけど、

「あなたグズね」

なんて言う人がよくいるんですよ、お母さんを見ていますとね。

「グズはダメよ」だったらまだ「ダメ」が入っているからまだいいですけど、「グズね」だと、子供からしたら、なにか肯定しているようにも取れるわけですね。

これは簡単ですが、「あなたグズね」という代わりに、

「もっと素早くやりなさいね」

言った方がいいんですよ。

殆ど言葉は変わりませんからね。

子供は誰もが意欲満々

赤ちゃんは、誰もが常に意欲満々なんですよ。

あれもしたい、これもしたいといった感じなんですね。

もう一つ非常に重要なのが、自己達成意欲に満ち満ちているわけです。

例えば、「ハイハイが出来たら嬉しい」「言葉が喋れるようになったら嬉しい」「何か食べれるようになったら嬉しい」というように、自己達成欲があるんですね。

つまり、意欲満々であり、自己達成欲があるのが人間なんです。

ですから、もしそのまま育てられればですね、思春期になっても大学生になっても、意欲があって、自己達成欲がある、素晴らしい子供になるんですが。

子供の意欲を無くす両親と先生

まぁ、こういっちゃあなんですが、それの毎日のように壊しているのが、両親と学校の先生だと私は思うんですね。

昔は両親というよりもむしろ母親でした。

今はちょっと逆転してですね、父親がちょっと口うるさい場合があるんですが。

昔は、母親が口うるさかったんですね。

父親は、

「まぁ、そんな事はいいじゃないか」

と言って、バランスを少し取っていたんですけれども。

現代では男性の女性化、女性化と言ったら良くないのですが、まぁ、そういう事でしてね。

両親で細々と子供を叱ると。

学校というのはですね、学校の先生も気が付いている人はいくらでもいるのですが、ものすごく子供の精神を圧迫するんですね。

集団で勉強をするという面から、仕方の無いところもあるのですが。

チャイムとともに席に着かなければいけなかったり、お腹が痛くてもすぐにトイレに行けないなど、色々な制約がありますから、やはり子供には相当のプレッシャーがあるんですね。

子供の正しい育て方

だからといって、「ルーズに育てろ」「褒めて育てろ」というんじゃないんですね。

子供には、なってほしい事を言い、子供が全力でやっても失敗した時は、その失敗を怒るのではなくて、その失敗の原因が何かという事を考えて、成功する方に誘導する。

子供が何かを達成した時に、褒めるとかおもちゃを買ってあげるというのでは無くてですよ。

達成したことを、子供と一緒に喜ぶという事なんですね。

つまり、厳しく育て、常に共感するという事なんですね。

子供は親と共感したいのであって、子供は子供の人生なんですね。

これが子供の教育の王道であると。

これは、私の勝手な推定では無くてですね、これまでの教育の多くの先人たち、また、最近の教育の先端的な所でも、認められる事で、特に特別な事ではありません。

子育てで重要な2つの事

忘れてはならない2つの事ですね。

子供は常に意欲があるという事。

子供には常に意欲があるわけですから、子供を叱る必要は無いんですね。

叱るといいますか、厳しくは育てるんですよ。

厳しく育てる。

「ダメなものはダメ」

ときちっと言うと。

それから、

「何をしなさい」

という事もちゃんと言うと。

それらを、きちっと、厳密に、厳格にやって行かなければならない。

子供がいい点を取ったらご褒美は必要?

それから、決して何かを達成したからといって、褒めたり、おもちゃを買ってあげたりしてはいけない。

共に喜んであげる。

共に喜んであげれば、自己達成感は満足する。

また次のものを自己達成しようと思う。

自己達成感を10としますとね、おもちゃを買ってもらうとそれが5とかに減るんですね。

褒めて貰えば、7ぐらいとうい事で、自分の自己達成感をですね、ものに変えて貰うという、おもちゃを買ってもらうというのは、誠に問題であると思います。

参考図書:武田邦彦の科学的人生論  
 
 

コメントを残す

CAPTCHA