認知症を予防する医師が推奨する方法!認知症の原因とは?ボケる人とボケない人の違い 武田邦彦

自分で認知症を予防しなければならない理由

認知症に関してですね、お医者さんじっくりと話す機会があったのですが…

認知症と言われますと、随分と歳を取ってからとう感じがしてしまいますが、実は最初の原因は40代からですからね。

そういう意味では、多くの人が注意するべきものなのだろうと思います。

日本社会は元々相互扶助のシステムで、非常に人情に厚い社会だったわけです。

私が勝手にそういう風に思っているわけではなくて、今から150年くらい前ですね。

幕末に鎖国を解いたものですから、外国人がたくさんやって来たのですが、「日本社会は本当に素晴らしい」と言って、一様にびっくりしております。

それからまぁ随分と時間も経ちまして、私から見ますと酷い社会になったかなと思いますね。

弱いお年寄りへの血も涙もない仕打ち

その一つに、昨年でしたか90歳を超える認知症の夫がですね、徘徊している時にJR、列車に轢かれて死亡した。

それに対して、JR東海の賠償請求というのがあったのですが、家族の監督が不行き届きだったという理由の判決で、これも同じく90歳を超える妻に、700万円の損害賠償の判決が出るという。

もう血も涙もないわけですね。

法律最優先というような、まぁ、法律に欠陥があるわけですが。

私が、これはもうJR東海とう会社がですね、

「それだけの公共性を持っているのなら、90歳を超える認知症の人に700万円もの賠償請求をするのは、自分たちは保険か何かをかけておかなかったのが問題である」と。

「90歳を超えた妻に責任を被せるのであるなら、私がJR東海なら、私が自分で処理します。」

といった事を書いたらですね、若い人からもの凄いバッシングを受けました。

日本は中国以下の自衛社会

死亡事故でJRが大きな損害を受けたんだから、年寄りは死ね!

というような、内容の反撃に会ったんですね。

若い人は若い人ですから、そういう意見を持ったりもするんでしょうけど、私が書いた事はですね、損害を受けたという事と、家族が疲れ果てて、認知症の監視にちょっと目を離したすきに、その老人は外に出たんですよ。

家族が疲れ果ててちょっと目が届かない時に、外に出た徘徊老人が轢かれて死ぬという事をですね、JR東海とう公共施設が、線路になんの防御も置かずに列車を走らせていて、損害を受けたいう事が、調和できない社会なんですね。

JR東海の社長なんて言うのは、猛烈に給料を貰っているわけですよ。

いくらなんでもおかしいと私は思うわけです。

高齢者、65歳以上とかそういった法律的な事ではなくて、将来は、歳を取った人が半分を占めるといった世の中になろうとしている状況でですね、日本には、国民を安心させてくれる政府や裁判所はありませんね。

中国をよく批判したりなんかしますが、まぁ、中国並みの、いや、中国以下の自衛社会。

つまり、個人で個人を守らなければならないという社会に、日本もなりましたね。

90歳以上の認知症の夫の妻が受けた仕打ち。

これこそね、私は日本に住んでいて恥ずかしいと思いましたね。

といった事で、前置きが長くなってしまいましたが…

40代から溜まる認知症の原因物質

認知症はその原因物質が40歳代から脳に蓄積して、その後70歳以上になると発病するというそういう病気なんですね。

潜伏期間が長いといいますか、悪い効果が出てくるのが遅いといいますかね。

そうしますと死ぬまでの間、10年以上、家族も本人も非常につらい思いを強いられるわけです。

ですから私は、長寿になったのはいいけれども、認知症にならないように歳を取るという事が、非常に重要だと思っているんですね。

認知症を予防するのは実は簡単

何度もお医者さんと対談をしたり、勉強をしたりした結果、それは非常に簡単な事だと分かったんですね。

「体を動かさなければ筋肉は衰える」

これは誰でも知っていますね。

「寝てばかりいれば骨は細くなる」

これもご承知の事ですね。

ですが私を含め多くの人が

「頭を働かさなければボケる」

という風には、ついつい思わないんですよね。

頭を使うという事は、人間にとって、少しつらい事ですから、出来れば頭を働かせたくないと思うわけですね。

だから、出来るだけ頭を使わずに、ボーっと生きていけるのがいいように思いますけれども。

考えてみればですね、頭を使うのが嫌だと言っても、体を動かす事だって結構いやな事なんですよ。

立っている事だって、人間にとってはつらいですよね。

だから、少しは体を動かして筋肉を大切にする。

少しは立っていて、骨が細くならないようにする。

少しは勉強して、頭がボケないようにする。

という事になりますとね、人間は少しつらくないと、健康な人生を送れないという事になります。

これは事実なんですね。

医者が推奨する認知症を防ぐ方法

専門のお医者さんはこれについて、臨床のお医者さんと理論派のお医者さんの2人と詳しくお話しする機会がありまして、それによりますと。

認知症を防ぐ第一のポイントは、毎日少しでもいいから頭を使うという事なんです。

どんな使い方でもいいけど、とにかく頭を使う。

新聞を読む、講演を聞く、売り上げの計算をする、など。

まぁ、なんでもいいんですけれども、やっぱり、新聞とか講演とか計算とか、国際情勢を聞くとかですね、自分にはちょっと難しいな、努力がいるな、という事をするだという事なんですね。

人間にはもちろん楽しみが必要ですから、テレビのバラエティー番組で大いに笑ったり、お酒を飲んだりするのもいいですけど、それだけでは脳はボケる。

そんな事は、当たり前の事ですよね。

お医者さんから、

「武田先生も高校時代同じように勉強されておられますか?」

と聞かれて、ビクッとした事があるんですけれども。

まぁ、本当に、少し運動のために階段を上る。

座ってばかりいない。

少し勉強もする。

やっぱり、人間といのはそういう事なんでしょうね。

認知症を予防する動物からの知恵

もう一つは、動物の方から来るのですが、満腹にしないという事なんですよ。

人間は、ストレスが無い状態は良くない。

もちろん、ストレスが過剰にかかっても良くない。

適度のストレスがかかる事がいいという事は、これはよく知られている事です。

つまり、適度な緊張感、適度な辛さ、それから軽い生命の危険。

本当の生命の危険ではいけないのですが、軽い生命の危険があると、生物は自分を守ろうと、自衛のための色々な物質を出します。

私が経験した例では、あまりいい例とは言えないかもしれませんが。

私がお医者さんとガンの研究をしていた30代の頃の事です。

ウサギをガンにかけて、その血中から制癌物質を分離するという研究をしていた事があるんですね。

その経験から何が分かったかというと、ガンにかかっていないウサギの血の中にはですね、ウサギ自身が作り出す制癌物質が非常に少ないので、私はそれを分離することが出来なかったんですよ。

ところがガンになっているウサギの血液からはですね、非常に容易に制癌物質が取れるんですね。

それは、濃度が濃くなるから。

つまり、ウサギのガンに対する自衛反応なんですね。

まぁ、被爆でもホルミシス効果というのがあるわけですが。

そういったものを30代で経験しました。

頭がボケて寿命も短い人の生活習慣

これと同じような実験で、ラット使ってですね、これを飽食させて飼育するというグループと、腹8分目のグループを作りますとですね、飽食のグループ、つまり食べたいだけ食べさせるグループは、死ぬのも早いんですね。

腹8分目のグループの大体2/3くらいの短さで死ぬのですが。

死ぬ前に、かなり前からボケるんですよ。

ラットにゲームをさせるんですけど、間違えるようになるんですね。

ところが、腹8分目のラットは、死ぬ寸前まで頭が明晰なんですよ。

これは一応こう解釈されているんですね。

「どうも、体に食事が十分ではないので、いつ飢餓に陥るか分からない」と。

「自分がしっかりしないと死んでしまう」

と思って、たぶん頭がボケないだろうと思うんですね。

つまり、認知症防止のもう一つの方法は、自分が少し危険な状態にあるという事を、体に伝えるという事なんですね。

一つの方法としては、腹8分目にする方法。

私なんかは、駅なんかで一生懸命階段を上ってですね、急いで電車に乗ることがあるんですね。

次の電車に乗っても実はいいんですけど、なんでそんなバカな事をしているかというと、ちょっと体に緊張感を与えるという事なんです。

そういった意味では、目標を持つとかハングリー精神とか。

もしも、お仕事を辞めた後でも、何か自分で目標を作る。

無駄な目標でもなんでもいいんですね。

僕なんかも無駄な事と言ったら無駄な事をやっているんですが。

自分が目標を立てて、それを達成して、誰が褒めるとか、誰が喜ぶという事も無いんですが、まぁ自分は達成したと。

そういった感じがいいわけですね。

人間は目標があった方が元気だというのは、これはもう間違いがないわけですので。

認知症を防ぐといのは、家族のためにも、非常に重要な事だと思いますしね。

私も父親としてですね、働き盛りの子供に迷惑をかけるという事が無いように、これは自分の責任としてですね、しっかりやっていこうという風に思っているわけです。

参考図書:武田邦彦の科学的人生論  
 
 

コメントを残す

CAPTCHA