自分の得意科目を簡単に知る方法!女性が頭がいいと感じる男性の特徴!植木理恵 牛窪恵

あなたは数学と国語のどちらが得意ですか?

実は、指の長さを見れば、それを簡単に知る事が出来るんです。

学校では色々な教科を習うと思いますが、得意な科目によって、人間性など様々な事を知る事が出来ます。

人差し指と薬指の長さで得意科目が分かる

数学が得意な人は薬指が、国語が得意な人は人差し指の方が長いという傾向があります。

イギリスのバース大学の研究によると、75人の7歳の子供を対象にして、学校の成績を比較してみたところ、薬指の長い児童は、男女ともに、国語よりも数学が得意であるという事が分かりました。

一方で、人指し指の長い児童は、数学よりも国語の方が得意だという事が分かったんですね。

人差し指の長さを薬指の長さで割って長さを比べてみたところ、成人の女性の場合は大体同じ長さであるのに対して、成人の男性の場合は、0.9と人差し指の方が、薬指よりも短い傾向にあるという事が分かりました。

薬指の方が長い人の特徴

薬指が長いという事は、一体何を意味しているのか?

これは実は、胎児の時に、男性ホルモンと呼ばれるテストステロンが多く放出されていたという事を意味しています。

このテストステロンを多く浴びると、空間認知能力が高くなります。

人差し指の方が長い人の特徴

一方で人差し指が長いという事が何を意味しているのかとういうと、胎児の時に、女性ホルモンと呼ばれるエストロゲンが多く放出されていたという事を意味しています。

このエストロゲンを多く浴びると、言語認識能力が高くなるんですね。

そのため、人差し指が中指よりも長い人は、数学よりも国語が得意と言えるというわけです。

運動能力に関して言えば、薬指の長い女性は陸上競技やテニスなど走る系統の競技に強い傾向があると言われています。

薬指の方が人差し指より長い男性というのは、性格的に暴力性が高いという結果になったといいます。

運動が出来る男子がモテる理由

実は、イケメンの方がブサメンよりもスポーツでいい成績を残せると言われています。

2014年のソチオリンピックに出場した選手の容姿と成績を調査したところ、女性は因果関係が殆ど無かったのですが、男性の方は、圧倒的にイケメンの方が、いい成績を残していたといいます。

年収の低い家庭で育った子供の強み

実は、年収の低い家庭で育った子供ほど、実技科目が得意な傾向にあります。

一般的には、年収があまり高くない過程で育った子供は、勉強が嫌いで、成績もあまり良くないといったイメージを持たれがちです。

確かに、座って勉強をしなければならない国語、算数、理科、社会などの教科に関して言えば、年収の高い家庭の子供の方が、よい傾向にあります。

ですが、実技科目に関しては、小学4年生から6年生の親御さんたちを、親御さんの年収で、200万円未満と1000万円以上とにわけて調査してみたところ、年収が200万円未満の子供たちは、ほぼ全ての学年で、音楽、図工、家庭科、体育、といった実技科目が好きというだけでなく、成績もよいという事が分かったのです。

実際に、図工と家庭科では、非常に大きな差がありました。

また、意外な所で、音楽に関しても、裕福な家庭の方がピアノを習ったりといい成績を取りそうだと思いがちなのですが、実際には年収の低い子供たちの方が、よい成績であるという結果になったんですね。

年収の高い子供たちは、親から「そんな事をやらずに勉強しなさい」と言われちゃうんですね。

ですが、人間が生きていくうえでどちらが大事かと言えば、これからは座って勉強する科目の方は、AIとかにどんどん仕事を奪われていくわけです。

数学なんかは特に。

一方で、実技というのは、やっぱり人間の生きる力ですよね。

だからもっとそういう所に力を入れていかないと、座って勉強を頑張っている子供ほど、AIに仕事を奪われてしまうんじゃないかといった心配もされるようになってきているのです。

必修にした方がいい科目とは?

ピアノというのは実は子供の教育にとって非常によいと言われています。

ピアノは必修科目にした方がよいとも言われるほどです。

実際に都内の東大に一番入る中高一貫校があると思うのですが、ピアノは中学校の時の1年間半、必修科目ですからね。

かの有名な開成中高一貫校の事です。

美術が好きな女性は〇〇も好き

オーストラリアの研究によると、美術が得意な女性は、性的に活発な傾向が見られると言われています。

ちなみに一番奥手なのは、理系の男子学生です。

理系の男子学生はカリキュラムが厳しすぎて、性的に活発になる時間すらないんですね。

美術系の方は、比較的に時間も自由だし、感性のままに生きる傾向が強いと言われています。

男性は理科系?女性は文科系?

男性は理科系が得意で、女性は文科系が得意というイメージがあると思いますが、能力というのもあると思うのですが、心理学では、興味があるかないかというのが大きいと考えられています。

例えば地図を一枚渡して、

「今いる場所から、この場所まで行ってください」と

言われた時に、概ね男の人の方が、システムとか、方式とか、東西南北を俯瞰してみるとか、そういった理論で構築するのが好きなんですね。

一方女の人の方は、

「コンビニの後に何々があって、そこから右手を見ると木があって、木の陰に何々があって…」

というように、その場その場での、前に何があって、後ろに何があって、という処理の仕方に興味を持つんですね。

女子は言語化するという事に興味を持つんです。

男女で同じ地図を見ていたとしても、見るものが違うというか。

女性は言語で見ようとするんですね。

なので、女性は行き先を言語化して説明してもらえると、

「この人の気が利くなんて頭のいい人なんだろう」

と思うわけですよ。

女性と男性では、同じものを見ていても、全く違う見方をしているという事は、お互いを理解する上で、覚えておいて損は無いと思いますね。

参考図書:幸運を引き寄せる行動心理学入門  
 
 

コメントを残す

CAPTCHA