結婚が出来るか出来ないかはファーストキスで分かる!胸が大きくなる女性の意外な秘密!中野信子

あなたのドキドキのファーストキスは、何歳の時でしたか?

実は、最初にあなたの唇を奪った相手の年齢で、あなたの結婚のしやすさまで分かってしまうんですね。

ファーストキスと結婚には関係があるのかという研究が、20代、30代の女性に対して海外で行われました。

その結果は、興味深いものでした。

ファーストキスの相手が〇〇の女性は結婚出来やすい

ファーストキスの年齢と結婚の関係を調査をしてみたところ、ファーストキスの相手が年上であった女性の場合は、婚姻率が17.6%

相手の年齢が同い年だった女性の場合は婚姻率は20.7%。

年上だった女性の場合は26.7%という結果になりました。

ファーストキスの相手が、そのまま今の旦那さんなっている場合も、この数字には含まれています。

ファーストキスの相手が年上だった女性の婚姻率が高い理由としては、ファーストキスの相手として年上を選ぶ、背伸びするような積極的な女性の場合は、割と結婚までグイグイと持っていく力強いのではないかといった事が考えられます。

胸の大きさとファーストキスの年齢の関係

胸の大きさとファーストキスの早さには関係があるのかという研究も実はされており、Aカップの女性は、ファーストキスの年齢が遅い傾向にあるという事も分かりました。

Aカップ~Eカップくらいまでの女性は、ファーストキスの年齢はそんなに変わらず平均すると17歳、18歳くらいという結果となりました。

ですが、バストのサイズがFカップの女性は非常にファーストキスの年齢が早く、15.7歳~15.8歳くらいという驚きの結果となったのです。

やはり男性は、胸が大きい女性に惹かれてしまうのでしょうか?

ディープキスで胸は大きくなる?

女性のFカップの胸に惹かれて男性が近づいたからファーストキスが早かったのだろと思われるかもしれませんがこれが一概にそうとも言えない面もあるんですね。

キス、特にディープキスをすると、唾液に含まれるテストステロンみたいなもので、女性の快楽物質であるドーパミンなどが刺激されて、成長期にそういう事をした事によって、胸がFカップにまで成長したのではないかといった意見もあったりします。

バストアップは可能なのか?

バストの大きさはある程度、遺伝的に決まるという事が分かっています。

ですので、ポテンシャルとして大きくなる人に、ディープキスが重なって、更に大きくなるという事が考えられます。

バツイチの男女がモテる理由

性的に異性から選ばれた実績がある個体は、異性から選ばれやすい傾向にあります。

どういう事かというと、バツイチの方が、結婚や恋愛をしやすいという事なんです。

これは、男性、女性、共に言えることで、バツイチの人はモテるはずなんですね。

性的に選ばれた実績のある個体という事で、一般的には既にお子様がいらっしゃいますので、この人の精子を貰うと子供が出来るんだ、この人は子供を埋めるんだ、という事を証明しているわけです。

これは、生物としてはごく一般的な戦略であって、子供を産んだ実績があるメス、子供を作った実績があるオスの方が、選ばれやすいという事は、当たり前にある事なのです。

チンパンジーはバツイチが大人気!

人間はそこまででもありませんが、チンパンジーやゴリラなどは完全にそうで、チンパンジーの子供を産んだ事のあるメスは、圧倒的に人気があります。

子育てが上手いという事が証明されているわけですからね。

そのため、チンパンジーの世界では、処女のメスというのは、あまり人気がないんですね。

未婚率が高い男性の特徴

スウェーデンの調査によると、18歳の時に太っていた人は、30代や40代になっての未婚率が非常に高い事が分かりました。

結婚している確率は46%も標準体重だった人よりも少なかった事が分かりました。

少し太っていた人で、大体10%くらい結婚している割合が少なかったんですね。

つまり、男の場合は、18歳の時に太っていると、なかなか結婚する事が出来ないというわけです。

50万人を対象に行った調査ですので、かなり信憑性は高いと思います。

女性は太っている男性をあまり好まない傾向がある現実があります。

豊富な恋愛経験が結婚を不幸にする

恋愛経験があまりに豊富な人は幸福な結婚が出来ないと言われています。

海外での最近の実験で18歳から34歳の女性1000人を対象に、恋愛経験が平均値よりも高い人は少ない人に比べて、結婚生活に満足していないという結果が出ています。

一般的な事であれば、経験値を積む事で物事はうまく進むようになるものなのですが、こと恋愛、特に結婚になると、これがうまく行かないようになってしまうんですね。

経験値があるという前提で結婚をすると、結婚に対して満足するような完璧な相手なんかいないのにも関わらず、どうしても部分部分で以前に付き合った人と比べてしまうんですね。

スタイルとか、見た目とか、料理が上手かったとか、プレゼントをよくしてくれたとか…

前の人のいい事ばかりを思い出して、今の結婚相手と比べてしまうと、「何これ」という気持ちが湧いてしまいやすいやすくなるんですね。

恋愛の経験値が少ない方が、比較対象がいないため、満足度は高くなりやすいのです。

結婚までに付き合う理想の人数

結婚するまでに付き合う人数として理想的な人数は3人~5人です。

付き合った人数が7人を超えると、結婚出来る確率がグッと低くなってしまいます。

この数字は、あくまでも欧米での数字です。

欧米の場合は、とりあえずデートして付き合うかどうか決めるといった感じでお付き合いまで進みます。

ですが、日本人の場合は、告白して付き合うと決めてからデートをするといったケースが多かったりします。

そのため、日本人の結婚するまでに付き合う理想的な人数は、2~3人くらいでしょうね。

30代から結婚したいなら知っておくべき事

30代を過ぎてからの結婚の場合は、トキメキで結婚する事はほぼ不可能になってきます。

トキメキとか恋愛感情を持つための神経細胞であるドーパミンニューロンというのがあるのですが、この神経細胞が30代ころになると、細胞ごと減ってきてしまうんですね。

これは、女性、男性、同様に言える事です。

20代の頃は、素敵な人を見たら「うわぁ、素敵」と感じていたような事でも、30代を過ぎてくると、そう感じにくくなってしまうんですね。

そのため、30代を過ぎてからの結婚となると、条件で相手を選ぶというようになってきます。

ある程度「素敵だな」と感じたとしても、その人の職業や年収を考えてしまうようになってしまうようになってしまうというわけです。

30代を過ぎた女性が結婚しにくい理由は、こういった所にも隠されていたりするという事なんですね。

参考図書:幸せをつかむ脳の使い方  
 
 

コメントを残す

CAPTCHA