ミトコンドリアを簡単に増やす方法と食品を紹介!ためしてガッテンでも話題!

ミトコンドリアを簡単に増やす方法と食品

人間の細胞には『核』というものがあり、その周囲には数百個から三千個ほどのミトコンドリアが存在しています。

そして、元気な人ほど、そのミトコンドリアの数が多いといいます。

そこで本日は、スタミナの源であるミトコンドリアを増やす方法と効果的な食品を紹介させて頂きます。

ミトコンドリアの正体とは?

ミトコンドリアの祖先は、今から約16億年前に海の中に生息していたバクテリアだと言われています。

なぜ16億年前と言い切れるのかは疑問の残る所ですが、とにかくものすごく昔に、バクテリアは海に生息していたんですね。

バクテリアというのはいわゆる細菌ですから、他の生き物の細胞内に寄生して、真核生物という私たち人間の細胞の先祖となりました。

バクテリアには核がありませんが、人間の細胞には核があります。

人間の進化の裏側には、実は、ミトコンドリアの働きが隠されているんですね。

ミトコンドリアは歳を取ると減少する

信州大学の能勢博教授が行った自転車負荷の実験によれば、年をとるにつれて、ミトコンドリアの量が減ってしまうという事が分かっています。

年をとると自転車をこぐだけで息があがってしまうのは、加齢によってミトコンドリアの量が減少してしまう事が関係しているんですね。

マサチューセッツ工科大学のレオナルド・ガレンテ博士のによれば、ミトコンドリア量が多いねずみの方が、持久力が高いといいます。

人間の寿命とミトコンドリアの量には、密接な関係がありそうですね。

ミトコンドリアを増やすことは出来ないのか?

加齢によるミトコンドリアが減っていくことを、ただ黙って見ているしかないのでしょうか?

「ためしてガッテン」では、ある事を日々の生活に取り入れることで、細胞のスイッチをオンにし、まるで若返ったように元気になると紹介されていました。

ミトコンドリアが生み出すスタミナ源「ATP」

ミトコンドリアは、体内に取り込んだ酸素や糖質や脂質を使って、スタミナの源となる「ATP」というものを生成します。

このATPは、アデノシン三リン酸と呼ばれる物質なのですが、要は人間のエネルギーを生み出すエンジンのような物質です。

筋肉や、心臓、脳の神経なども動かす、まさに体中のパワーの源だったりします。

ATPは作られるとすぐにエネルギーとして消費されてしまうのですが、その作られている量は、1日に重さにすると、50kgといいますから驚きです。

1日に50kgっていうことは、女性1人の体重くらいのATPが作られて使われているというわけですね。

このATPがなければ、私たち人間は一秒たりとも生きられないといいます。

ATPは特殊な液体と混ぜると光る性質があって、ホタルとかホタルイカなどが光るのは、このATPが使われていたりします。

ミトコンドリアを増やすには?

信州大学の能勢博教授によれば、早歩きのような、自分にとって「少しつらい」と感じる運動をする事で、ミトコンドリアの活動を活発にする事が出来るといいます。

健康を維持するためには、運動は必須であると言われるようになりましたら、運動をすることによって、エネルギーの量も高める事が出来たりするんですね。

ミトコンドリアを増やす効果的な運動

250人を対象に毎日1万歩を普通にウォーキングして貰うという調査を行った所、血圧を下げる効果を得られず、持久力は、ウォーキングを始める前前よりも、むしろ下がってしまったいいます。

ミトコンドリアを増やすためには、「少しつらい」と感じるくらいの運動が必要だというわけですね。

能勢教授がオススメするミトコンドリアを活性化するウォーキング法は、「インターバル速歩」という方法です。

ゆっくりとしたウォーキングを3分間行い、その後で、少しきついと感じるような、早いウォーキングを3分間交互に行なうという方法です。

少しきつい運動をやったら少し休むというのがポイントですね。

こういった少しきついウォーキングを取り入れる事で、血圧が下がり、持久力は大幅にアップしたといいます。

ラクなウォーキングでは意味が無いのに、ちょっときつい運動を取り入れるだけで、これだけの効果が得られるですね。

体内を監視している酵素が、ATPが足りないと感じると、ミトコンドリアをとATPを増やすようになるのが理由のようです。

人間はラクばかりしていると衰える一方なんでしょうね。

ミトコンドリアを増やす国士舘大学サッカー部の取り組み

国士舘大学サッカー部では、グラウンド周囲を走る、休む、走るを交互に繰り返す『インターバルトレーニング』を取り入れているといいます。

きつい運動と休憩を繰り返すことで、ミトコンドリアの量を大幅に増やす効果が得る事が出来ます。

「少しきつい」よりも、「超きつい」運動のほうが、ミトコンドリアの量は増えるようです。

姿勢に綺麗に保つべき理由

姿勢を綺麗に保とうとするだけでも、姿勢を保つ筋肉を使うので、姿勢の悪い人よりも姿勢のいい人の方が体内のミトコンドリア量は多い傾向にあります。

筋肉を使うということも、ミトコンドリアの量を増やすことに関係しているんですね。

姿勢を綺麗に保つ事によって、美しさとスタミナの両方がアップします。

姿勢の良い女性が輝いて見えるのは、ミトコンドリアの量が関係しているのかもしれませんね。

自宅で簡単にミトコンドリアを増やす方法

自宅でも簡単に実践できて、ミトコンドリアを増やせる運動としては、スクワットを10回行って、1分間休むという方法がオススメです。

これならテレビを見ながらなど気軽に出来るのでやりやすいですよね。

1週間で、合計60分のちょっときつい運動を行なうだけで、汗をかける体になり、夏バテに強くなります。

2週間続けると、体重が1kg程度は減らす事が出来ます。

1ヶ月続けると歩くのがラクになり、2ヶ月続けると疲れにくい体になります。

一つの目安にしてみてください。

ミトコンドリアを増やす食事法とは?

ミトコンドリアは食事の方法でも増やすことが出来ます。

ミトコンドリアを増やすためには、食べ過ぎは厳禁です。

1日の消費カロリーから25%程度減らした食事に制限することで、長生き遺伝子の働きが活発になって、ミトコンドリアの量が増えると言われています。

ミトコンドリアを増やすためには、食べすぎず、腹8部目に抑える事が効果的なんですね。

通常の食事から、カロリーを25%引いた食事を続ける事で、3週間後には、ミトコンドリアの量が31%も増えたという報告もされています。

食べ過ぎない事で、逆にエネルギーはアップするなんて不思議ですよね。

ミトコンドリアにとっては、空腹感が刺激となって、数を増やす特徴があるようです。

65歳を過ぎたらが注意すべき事

65歳程度まではカロリー制限が効果的です。

ですが、65歳を過ぎた頃から、タンパク質が不足しがちになってきます。

そのため、肉や魚など、タンパク質の多い食事を、意識的に取る必要があります。

年をとっても元気な方は、肉が好きな方が多いですよね。

登山家の三浦雄一郎さんや、小説家の瀬戸内寂聴さんなども、肉好きな事で有名です。

ミトコンドリアの働きを助ける栄養素

ミトコンドリアの働きを助ける栄養素として、タウリン、ビタミンB郡、鉄分を摂取すると効果的です。

ウナギなどを食べるか、不足分はサプリメントなどで補うのが効果的です。

タウリンは、イカやタコ、牡蠣などに多く含まれています。

タウリンが不足するとミトコンドリアが生成できず、ビタミンB郡と鉄分が不足するとATPが生成出来ません。

タウリンは、タコやイカ、牡蠣などの魚介類。

ビタミンB郡は、豚肉、うなぎ、鶏レバー、牛乳など、鉄分はレバー、あさり、ひじき、切り干し大根、大豆、青のりなどに多く含まれています。

ミトコンドリアの減少と病気との関係

最新の研究によれば、ミトコンドリアの生成するエネルギーが低下する事が、認知症の原因の1つになっていると言われています。

認知症の予防には運動が効果的だと言われていますが、このミトコンドリアの生成にも関係があったんですね。

脳のミトコンドリア量が増えることによって、脳が使用できるエネルギー量がアップし、認知症の予防となるわけです。
他にも集中力が増したり、発想力が豊かになったりといった、脳全体の機能をアップする効果も期待できると言われています。

子供に机に座らせて勉強させることだけが、子供の将来のためになるわけではなさそうですね。

女性の卵子が老化する原因

35歳を過ぎた頃から、女性の卵子は、急速に老化が進むと言われています。

晩婚化が進み、女性にとっては不安の種になっておりますが、現在、このミトコンドリアによる治療が効果的なのではないかと考えられ、研究が進められています。

意識的にちょっときつい運動を行なうことで、ミトコンドリア量を増やす事で、卵子の老化を遅らせることが出来るかもしれませんね。

ミトコンドリア治療と不妊治療

ミトコンドリア治療は、不妊治療の根本的な対策になるのではないかと期待されています。

ミトコンドリア脳筋症という細胞内のミトコンドリアの異常によって、体に異常を引き起こすような病気があります。

ミトコンドリアの量が減って、慢性的なエネルギー不足になってしまう状態ですね。

ミトコンドリア脳筋症の症状として、脳の神経系統や筋肉などに異常をきたしたりといった事があります。

遺伝子が原因となるため、現状では有効な治療法が見つかっていないみたいです。

ミトコンドリアというのは私たちの健康にとって非常に大切なものですので、運動や食事によって、少しでも減ってしまう事を予防する事が大切でしょうね。

 
 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。