酵素ダイエットは実は痩せない?酵素ダイエットの方法と効果とは?

酵素ダイエットの方法と効果

酵素は人間の健康には不可欠な栄養素で、ダイエットにも欠かせないとも言われています。

酵素ドリンクダイエットで-15kgも痩せたなどいった話も出てきて、酵素ダイエットに取り組む方も増えているようですね。

一方で、

「本当にそんな事をやって、効果があるの?」

といった、疑いの目を向けている方もおられたりします。

そこで本日は、酵素ダイエットは本当に痩せるのか、その方法や効果について紹介させて頂きます。

そもそも酵素とは何なのか?

酵素というのは、生き物の細胞の中で作られる触媒の総称で、たんぱく質の種類の一つです。

触媒は、体の中で様々な反応を起こす時に、それ自体は変化をしないで、他の物質を反応させる速さを変えさせるなどといった働きをします。

体内には、実は、約3000種類もの酵素があるんです。

酵素の働きと特徴

酵素と聞くと、多くの方は、胃液などで食べ物を消化するなどの「消化酵素」を想像されるのではないでしょうか。

ですが、酵素の働きというのは様々で、食べ物を消化する事はもちろんの事、食べ物から取り込んだ栄養素を分解して吸収する手助けをしたり、ホルモンのバランスを整えたり、新陳代謝を調整したり、免疫力を高めるといった、ありとあらゆる活動に関係しています。

また、酵素にはある特徴があって。

酵素は、それぞれ、1つの役割を持っていて、その一つの役割しかしないといった特徴があるのです。

例えば、唾液にはアミラーゼという消化酵素が含まれているのですが、このアミラーゼという消化酵素は、デンプンしか分解する事が出来ません。

また、たんぱく質を分解する際には、プロテアーゼという消化酵素が働くのですが、このプロテアーゼという酵素も、たんぱく質しか分解する事が出来出来ないのです。

つまり、食べ物を食べても、その消化する酵素が無ければ、分解し、体に吸収する事が出来ないのです。

酵素は熱に弱い

また、酵素はたんぱく質の一種であるため、熱に非常に弱いといった特徴があります。

卵を想像して頂くと分かりやすいと思うんですけど、生卵って熱を加えなければ、透明で液体状ですけど、熱を加えてゆで卵なんかにすると、白身は白くなって、硬くなってしまいますよね。

酵素も同じで、熱を加えられるとたんぱく質が形を変えてしまって、本来持っている働きが出来なくなってしまうんですね。

酵素は、50度程度の温度でたんぱく質の形が変わってしまうと言われています。

つまり、加熱調理した食べ物には、殆ど酵素は含まれていないという事なんですね。

酵素が含まれる食べ物とは?

では一体、酵素というのはどんな食べ物に含まれているのでしょうか。

酵素は、新鮮な生の食べ物に多く含まれているんですね。

生肉、魚、生野菜、果物など、どれもに酵素が含まれています。

つまり、加熱していない食べ物であれば、だいたい酵素が含まれているというわけですね。

また、味噌や納豆、キムチ、ヨーグルトといった発酵食品にも酵素がたくさん含まれています。

焼きサバとか焼きサンマ脇に、大根おろしが添えられていたりすると思うんですけど、これは大根おろしに含まれている消化酵素が、消化を助けくれるので、相性が良いからだったりするんですね。

体の中で作られる酵素の量

人間の体の中で、一生の中で作られる酵素の量は、人それぞれ遺伝的に決まってしまっていると言われています。

体内で作られる酵素の量は決まっていて、その酵素は様々な活動によって使われ、年齢と共に徐々に減っていってしまいます。

この体の中で作られる量が決まっている酵素の事を「潜在酵素」といいます。

この潜在酵素の中で、消化を助ける酵素を「消化酵素」代謝を助ける酵素を「代謝酵素」といいます。

酵素を食べても酵素は増えない

消化酵素には、デンプンをブドウ糖に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂肪を脂肪酸に分解するリパーゼといったものがあります。

酵素はたんぱく質の一種のため、たんぱく質を分解する酵素であるプロテーゼによって、アミノ酸に分解されます。

これが何を意味するのかというと、体の外から酵素を摂取しても、そのまま体に、直接酵素として取り込まれる事は無いという事です。

酵素を摂取すると、体の中の酵素が増えると思ってしまいがちですが、大きな誤解だというわけですね。

代謝酵素の働き

代謝酵素は、新陳代謝を高める働きをしたり、吸収した栄養素を体中に効率よく届ける働きをしたり、汗や尿などで、毒素を体の外に出す働きをしたり、病気にならないように免疫力を高めたり、傷を治療をするなどの働きを助けたりしています。

人間が生きる上で、無くてはならない大切な働きをしているのです。

食べ物に含まれている酵素とは?

生の肉や魚、野菜、果物や、納豆、味噌、キムチなど加熱されていない発酵食品に含まれている酵素の事を「食物酵素」と言います。

食べ物と一緒に食物酵素を摂取すると、消化を助ける効果が得られると言われています。

酵素が不足するとどうなるのか?

酵素は食べ物を消化したり、体の代謝をアップしたり、栄養を全身に届けたり、毒素を体の外に出したり、免疫力を高めたりといった、私たちが生きるために無くてはならないものです。

唾液の中にはアミラーゼというデンプンをブドウ糖に分解する酵素が含まれているのですが、もしも、唾液中にこのアミラーゼがなかったら、デンプンをブドウ糖に分解する事が出来ません。
そうすると、デンプンが分解されないまま体に吸収されてしまう事になり、血液がドロドロになってしまいます。

血液がドロドロになってしまうと、血行が悪くなってしまい、栄養を全身に行き届けることが難しくなってしまいます。

栄養が全身に巡らせる事が出来なければ、病気になってしまいますよね。

つまり、人間が生きる上で、酵素は絶対に必要なのです。

加齢とともに減ってしまう酵素

ですが、一生涯に体の中で作られる酵素の量は決まってしまっています。

また、加齢とともに酵素の量は減ってきてしまうんですね。

そのため、生の食べ物や発酵食品を食べるなどして、消化を助ける酵素などを摂取するという事は、とても大切な事なんですね。

人間に酵素が不足しがちな理由

野生の動物などは、食べ物は基本的に生でしか食べる事はありませんが、人間は殆どの食べ物を、加熱して食べますよね。

そのため、人間は慢性的に酵素が不足してしまいがちなんですね。

酵素不足の状態で、いくら栄養がある食べ物を食べても、分解出来ず、実は栄養にならず、むしろ異物となってしまうといった事もあったりするので注意が必要だったりするんですね。

酵素ダイエットで本当に痩せるのか?

体の外から酵素を摂取しても、アミノ酸に分解されるので、体の中の酵素が、直接増えることはありません。

分解された酵素は、アミノ酸となって腸から吸収されるんですね。

アミノ酸も、もちろん体にとって必要なものです。

また、仮に体内に植物由来の酵素が取り入れる事が出来たところで、人間体内で作られる酵素とは性質が異なるため、最大限の効果を得ることは出来ないと言われています。

基本的に、体外から取り入れる酵素というのは、加熱された食べ物を食べる際に一緒に食べることにによって、消化の負担を減らす働きを得るものです。

つまりサプリメントとして売られている酵素というのは、体の中の酵素を増やすというよりも、消化を助けるといった働きで、胃や腸の消化の消化の負担を少なくするという目的で作られているんですね。

酵素を摂ったから、酵素が増えるという事は無いという事を、覚えておいてくださいね。

酵素ダイエットの方法とは?

酵素ダイエットとして一般的なのが、「ファスティングダイエット」と呼ばれるものと「置き換えダイエット」と呼ばれる2つの種類に分けられると思います。

ダイエット成功のために必要な2大原則」というのがあるのですが、ダイエットをするためには摂取カロリーを減らして、消費カロリーを高くする必要があるんですね。

そのためダイエット食品として売られているものは、一食を酵素ドリンクや豆乳クッキーなどに変える事で、一日の摂取カロリーを減らしましょうというものなんです。

つまり何も食べなければいいのでしょうが、それだとお腹も減るし、栄養不足になる可能性もありますから、酵素ドリンクのような栄養価が高くカロリーが低いもので補いましょうと薦めているというわけですね。

ファスティングダイエットとは?

ファスティングダイエットというのは、半日~3日間程度を、酵素ドリンクと水だけを飲んで過ごしましょうというダイエット方法です。

要するに、プチ断食ですね。

結局、何をしているのかといったら、食べる量を減らして、1日の摂取カロリーを少なくしようとしているわけです。

カロリーは、呼吸したり心臓を動かしたり、脳を使ったり、筋肉を使ったりなど、生きているだけでも使うわけですから、プチ断食をして、摂取するカロリーを減らせば、自然と痩せるというわけです。

そのため、このファスティングダイエットでは、短期間で1~3キロ程度は痩せる効果があると言われています。

胃腸が消化の負担から解放されるたため、胃腸や臓器を休ませることが出来るので、体調も良くなると言われています。

いわゆる断食を行なうという方法ですので、ファスティングダイエットが終わった翌日は、おかゆなど胃腸に負担の少ない食べ物から、すこしずつ慣らして戻していく必要があります。

3日間もの断食ともなると、身体への負担がとても大きく、食べられないという精神的な負担も大きいため、半日から1日程度、軽く試してみて、自分に合うのかどうかをチェックしてから行う方が、安全だと思います。

置き換えダイエットとは?

置き換えダイエットというのは、普段の食事の1食~2食を、カロリーが低い食べ物に置き換えるという方法です。

今だと、酵素ドリンクに置き換えるというダイエット方法が流行っていますよね。

1日3食のうち、どの食事を酵素ドリンクに置き換えても効果が得られるようですが、夜ご飯を酵素ドリンクに置き換えるのが、最も効果が高いようです。

日本人は、朝ごはんや昼ごはんに比べて、夜ご飯の方が多く食べる傾向にありますので、夜ご飯を酵素ドリンクに変える事で摂取するカロリーを減らせば、痩せる可能性は高いと言えるでしょうね。

ちなみにですが、酵素ドリンクなどといった名前がついていますが、酵素は50度程度の温度で質が変わってしまうため、加熱殺菌されている酵素ドリンクに、酵素が含まれていませんのでご注意くださいね。

この置き換えダイエットは、ファスティングダイエットのような断食をする方法ではありませんので、手軽に行う事が出来ます。

毎日続けても問題は少ないと思いますので、自分のペースで行うとよいでしょうね。

一時期、浜田ブリトニーさんが-15kg痩せたなどと言って話題になった事があるのですが、これは置き換えダイエットの方ですね。

体内の酵素を増やす方法とは?

酵素は体の外から摂取する事で、直接増やす事が出来ないと言われています。

ですが、酵素を作る手助けをする事で、増やす事は出来ると考えられます。

体内酵素を増やす方法 その1

タンパク質の材料となる栄養素をバランスよく摂る

酵素は、アミノ酸やビタミン、ミネラルなどを原料として体内で生成されるたんぱく質の一種です。

およそ20種類あると言われているアミノ酸が結合することによって、酵素は作られていると考えられています。

酵素と同様に、アミノ酸もそれぞれ1つの働きしか出来ないと言われています。

そのため、全てのアミノ酸が、バランスよく存在する事が、健康を保つ上で大切になります。

体の中で作れないため、体の外から摂取する必要があるアミノ酸を、必須アミノ酸などと呼ばれたりしていますよね。

体内酵素を増やす方法 その2

腸内細菌を活発化させる

私たちの腸内には、数1000種類、1000兆個以上もの腸内細菌が住んでいると言われています。

これらの腸内細菌は、消化酵素で分解しきれなかった食べ物などを、腸内でアミノ酸やビタミンなどに分解する働きをしています。

さらに、分解した栄養を、腸から体内に吸収する大切な働きをしているんですね。

腸内細菌が食べ物を分解する際にも、酵素は作られていると言われています。

つまり、腸内細菌を活発化することによって、腸内の酵素も増やすことが出来るというわけなんですね。

腸内細菌の善玉菌として有名なのが、「乳酸菌」や「ビフィズス菌」ですね。

これらの善玉菌と呼ばれるような腸内細菌を増やすのに効果的な食べ物としては、「発酵食品」がよいと言われています。

味噌やぬか漬け、納豆、ヨーグルト、キムチなどといったものですね。

発酵食品は、微生物の発酵によって作られ、栄養のバランスもよく、体の中で酵素を作るうえで、効果的であると言われています。

今では腸内環境を整える事が健康維持やダイエットにも効果的であると考えられるようになり、意識が高い女性たちの間では、「菌活」という活動が行われるようになってきています。

 
 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。