甘え方がわからない女性の特徴!男が喜ぶ甘え方!甘え上手になる秘訣!植木理恵

身近な人から、「あなたは甘えられない人でしょ」と言われたりした事はありませんか?

女性は基本的に甘えるのが上手な人が多いのですが、中には他人や男性などに甘える事が、苦手な方もいらっしゃるんですね。

甘え方がわからない女性の特徴

例えば宝塚歌劇団のような、女性の花園というか、日本中からプライドを高く持った、能力が育った女性ばかりが集まった場所などで、うまくコミュニケーションを取っていかなければならなかったり

思春期の多感な時に、女性に対して、上手に接するという事に関して、トップアスリートになってしまったような方。

女性は、トップアスリートにはメロメロになるんですね。

甘えるとはどういう事なのか?

甘えるという言葉を聞くと、日本人はベタベタと媚びていくというようなイメージしかないんですけれども、喜怒哀楽のどの感情であっても、それを開くという事が、その人に対して甘える、心を許すという事なんですね。

ですので、心理学的に言えば、他人に対して喜怒哀楽を表現できているという事は、甘える事が出来ているという事なんですね。

例えば、他人に対して、その人の事を少し茶化してみたり、意地悪な事を言ったり出来るという事は、その人が許容してくれるだろうなという甘えがあるから、言える事なんですね。

男性に甘えられない女性の幼少期の特徴

人間には、男性脳と女性脳といのがあって、一歳の時には、全く変わってしまうんですね。

そのため、1歳の頃に男性脳だと男性的な遊びを好み、女性脳だと女性的な遊びを好む傾向にあるんですね。

女性脳を持っている場合は、子供頃の遊びとして、基本的におままごとのような遊びを好む傾向にあります。

ですが、女性であっても男性脳の強い場合は、チャンバラごっこや、忍者ごっこみたいな遊びを好む傾向があります。

脳の特徴としては、女性脳をお持ちの方は甘えるのが上手で、男性脳をお持ちの方は、甘えるのが苦手という傾向があります。

女性が甘えるのが得意で、男性が甘えるのが苦手というのは、経験上、なんとなく感じる事ですよね。

女性らしさを高める方法

フィジカルコンタクト、つまり、肉体的な接触によって、脳のホルモンバランスというのは変化するんですね。

甘える事が苦手な女性も、男性との肉体的な接触を持つことで、ホルモンのバランスが変化し、女性っぽくなり、甘える事が上手になったりするという事があるんですね。

季節的には、実は秋が、最も効果がある季節だと言われているんですね。

女性らしくなるホルモンで秋に高まるものがあるのですが、そのホルモンがフィジカルコンタクトがあると、更に高まるんですね。

いいと思っている男性と、フィジカルコンタクトを頻繁にすることによって、少なくとも脳内ホルモンは変わりますので、それによって、その人と結婚したいと思ったりといった気持ちが、強くなったりするんですね。

フィジカルコンタクトというのは、例えば男性と手を繋ぐという事だけでも効果があります。

男性と手を握ったり、ハグをしたりする事によって、女性らしさを高める事が出来るんですね。

信頼関係を構築する効果的な方法

例えばカウンセリングの仕事などで、カウンセラーさんと信頼関係がなかなか築けていないな、といった時に使われる方法として、主語に「私はね」というのをつけて話すというのがあるんですね。

主語に「私はね」というのを必ずつける人っていうのは、凄く近しく感じるんですね。

私はね、僕はね、などといった話し方をするという事は、自分の心を開いて話をしますよと、相手に伝えているようなものですからね。

「私は、こうしたいんです」

「私は、こう思うんです」

と言われると、本音を言ってくれていると感じるんですね。

甘え上手になれる魔法の言葉

甘える事が苦手な方は、甘えろと言われてもなかなか難しいですよね。

どうしても甘える事が出来ないのだったら、自分をその瞬間だけ変えて、相手の喜びのためにしてあげようと思って、

「ちょっと甘えてもいい?」

って言ってみて欲しいんですね。

ちょっと勇気を出すだけで、自分の甘えるスイッチを、オンにする事が出来るかもしれませんよ。

 
 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。