広東住血線虫の症状!ナメクジ食べた男性8年後死亡の恐怖!加熱で死滅する?日本には?

ナメクジ食べた男性8年後死亡の恐怖

ナメクジを食べたオーストラリアのシドニー在住の男性が、8年の闘病の末、亡くなったという事で、ナメクジの危険性が話題になっています。

話題の男性は、サム・バラードさん、享年27歳、19歳の時から、闘病を続けてこられたのですが、残念ながら8年後お亡くなりになってしまいました。

なぜナメクジを食べたのか?

サム・バラードさんは、なぜ気持ちがわるいナメクジを食べるような事をしてしまったのでしょうか?

時は、今から8年前にさかのぼります。

友人たちとホームパーティーを楽しんでいたサム・バラードさん。

仲間と料理やワインを楽しみ、すっかり出来上がってしまいます。

そこに、運悪く一匹のナメクジが。

「食べてみるか」

酔っぱらいの悪乗りから、サム・バラードさんは、生きたナメクジを食べてしまったのです。

数日後、サム・バラードさんの足に、激痛が走ったといいます。

急いで病院に行き、診断の結果「広東住血線虫症」に感染してしまっている事が分かったのです。

元気だったサム・バラードさんは、その後1年間以上、昏睡状態が続きました。

1年間以上の昏睡状態から意識が戻ったサム・バラードさんは、その後、首から下の麻痺に苦しめられる事になるのです。

広東住血線虫症とは?

サム・バラードさんが、昏睡状態になり、8年後命を落とした広東住血線虫症とは、一体どのような病気なのでしょうか?

広東住血線虫症というのは、「広東住血線虫」という寄生虫が寄生する事によって、発症する病気です。

この広東住血線虫というのは、通常は、ネズミなどげっ歯動物からしか検出されない寄生虫だと言われています。

ですが、このネズミがした糞などに広東住血線虫の幼虫がいる場合があり、その糞などを食べたナメクジやカタツムリなどが、感染している事があるといいます。

この広東住血線虫が厄介なのは、寄生すると、脳やせき髄などに、寄生するという所です。

さらに厄介なのが、薬などでこの広東住血線虫を殺してしまうと、更に炎症が悪化してしまう可能性があるという事です。

人間に寄生する寄生虫として有名なものに「ぎょう虫」がいますが、肛門周辺にかゆみが生じるなどの症状がありますが、命に別状があるというわけではありませんからね。

この広東住血線虫はネズミなどのげっ歯動物からしか検出されないという話をしましたが、この広東住血線虫は繁殖するためには、ネズミなどのげっ歯動物に戻る必要があるんですね。

そのため、広東住血線虫としては、寄生しているナメクジやカタツムリを、ネズミに食べて貰いたいという希望があるのです。

ところが、サム・バラードさんが酔った勢いで食べてしまったものですので、広東住血線虫としても、仕方なくサム・バラードさんに寄生したというわけです。

広東住血線虫症への感染を予防する方法

広東住血線虫症への感染を予防するためには、生のナメクジやカタツムリを食べない事です。

また、淡水にいるカニやエビ、カエル、魚などの生物にも寄生虫が存在する可能性があるため、生で食べない方が安全です。

寄生虫は、100℃で3分以上火を通せば殺すことが出来ます。

死んだ寄生虫であれば、食べても問題無いと言われています。

厚労省の検閲所によると、広東住血線虫症は、人から人に感染する心配は無いそうです。

大人がナメクジやカタツムリを生で食べるという事はまず無いと思いますが、怖いのはなんでも口に入れてしまう子供ですよね。

日本でもこの広東住血線虫症に感染としたという例が34例報告されており、完全に安全だとは言えないんですね。

全てのナメクジやカタツムリにこの寄生虫がいるわけではありませんが、子供にはナメクジやカタツムリは危険な生き物だという意識をつけておく方が安全だと思います。

気持ち悪いと感じる感覚は、正しい感覚だったというわけですね。

ちなみにエスカルゴもカタツムリではあるのですが、食用のために衛生的に養殖されているものです。

エスカルゴを生で食べる事もありませんので、安全だというわけですね。

実はサラダは危険

日本人は健康にいいなどと言って、サラダなどなんでも生で食べたがる習性があります。

ですが、元来人間は、食べ物には火を入れて食べるのが当たり前だったんです。

刺身というのは、生で食べる事が出来る、実はとてもめずらしいものなんですね。

現在は、農薬が体に悪いという事で、低農薬の野菜などが流行っていたりします。

ですが、低農薬という事は、虫がついている事があり、ナメクジやカタツムリが野菜についてしまっている事があったりします。

生野菜には実は危険が隠されているという事を理解して、良く洗うとか、火を通して食べるなど、意識する事が大切なんですね。

 
 
 
 

こちらの記事も一緒によく読まれています

この話が気に入ったら
いいね!しよう

Twitter で

コメントは受け付けていません。